くまの100均フィッシング

くまの100均フィッシング

100均を使ってお金を掛けずに大きな釣果

【使ってわかる】ダイワ22カルディアSW|写真で廉価版と徹底比較

初めに

 

2022年製のダイワ新リール、22カルディアSWってどうなの?

 

このような読者の方向けに、筆者が実際に買って使った感想を紹介します。

 

 

 お金を掛けずに大きな釣果を出すことを信条としている筆者ですが、以下の道具についてだけは、価格差が性能に大きく影響すると考えています。

  • リール
  • 道糸、ハリスなどの糸類
  • 針、フック

 

 この中で、リールについては、価格帯が数千円~数万円であるため、なかなか個人で実際に買って使って比較する、というのは難しいです。

 この記事では、筆者が実際に22カルディアSWを買って、3か月以上、10回以上の釣行で使ってみて感じた、価格以上の購入価値があるか、1万円以下のリールとどう違うのか、まとめたいと思います。

 

基本的なスペック

販売価格

 22カルディアSW5000D-CXHの、釣具店、アマゾンにおける実売価格ですが、特売時を除いて24,500円前後となっています。

 私のよく行く釣具店、神戸の伊川谷にある釣具のポイント伊川谷店では、夏冬の特売時期には22,000円前後で売られていました。

 4000番から18000番の番手ラインナップがありますが、岸から使うのであれば8000番までで十分だと思います。8000番の実売価格は30,000円前後となっています。

 

店頭で品切れになっていることが多い人気番手は「5000番」「6000番」だ。いずれも、岸からルアーで青物狙いをするアングラーに好まれているようだ。

 

 

見た目と機能の比較

 筆者が長年ルアーフィッシング用で使っていた、ダイワのレガリス4000D-CXHと横に並べて比較していきます。

 カルディアSWとレガリスですが、それぞれ下のような見た目となっています。左がカルディアSW、右がレガリスです。

 

 まず、この2シリーズで決定的に違うのは、逆回転レバーが付いているかいないかです。

 カルディアは無し、レガリスには付いています。レガリスシリーズは18年製なので、そろそろリニューアルされるかもしれません。その時には逆回転レバーはなくなっているかも。

 

 逆回転レバーですが、スプール内でライントラブルが起こった時にあって助かることもあります。ただ、メーカーとしては、これがあることで重量が上がるデメリットの方が大きいと考えていると思います。

 

最近製造されている中堅以上のリールには逆回転レバーが付いていないことが多いみたいだ。

 

 次に、ハンドル部についての比較です。

 カルディアは丸型、レガリスはT字型となっています。丸型は手のひら全体の力で回すことができるのに対して、T字型はレバーを挟む中指と薬指の間に力が集中します。

 そのため、丸型の方が力強く巻きやすく、中型以上の魚狙いには丸型ハンドルの方が使いやすいと思います。

 

 次に、スプール、ドラグノブ、ベールです。

 スプールとドラグノブはほとんど同じで、ドラグノブを動かした使い心地も似たようなものです。

 ベールについては、見た目は似たように見えるのですが、開け閉めしたときの動きがカルディアSWの方がスムーズで、耐久性が高そうに感じます。

 

 最後に、22カルディアSW5000D-CXHの基本スペックを紹介しておきます。

  • ギア比・・・6.2
  • 重さ・・・295g
  • 最大ドラグ力・・・12㎏
  • 糸巻量・・・PE2号で350m

 

 メーカーHPに詳細が記載されていますので、こちらも参考にしてみてください。

 

DAIWA : カルディア SW - Web site

DAIWA : レガリス - Web site

 

実釣の使用感

大サバ狙いの餌釣り

 22カルディアSWを最初に使った釣行は、大サバ狙いの一本釣り仕掛けの餌釣りでした。

 大サバは体力があるため、引き寄せても弱ることがない魚です。ドラグを比較的緩めにしていたところ、リールを巻いてもドラグが効いてなかなか引き寄せられませんでした。

 

レガリスに比べると、キャストする前のドラグ調整が難しい。

 

青物狙いのルアーフィッシング

 カルディアSWでシイラとメジロをルアーフィッシングで釣り上げています。

 このカルディアSWを使っていると多少ドラグ調整に失敗しても、リールが何か意志を持ったようにドラグが効き始めます。

 

糸切れ、身切れが起こる気が全くしない、不思議な感覚だ。

 

 

購入後3か月の感想

使用してみた最初の印象は?

 実釣の使用感で書いた通り、カルディアSWを最初に使った時に感じたことは、

 

ドラグが何か意思を持っているような動きをする。

 

でした。

 筆者は、青物狙いでも、手で道糸を少し強めに引っ張ったら道糸が出てくるくらい、比較的緩めにドラグ調整をするのですが、カルディアはかなり強めにドラグを閉めても、イメージしているよりも比較的早くドラグが動き出します

 これは、おそらくですが、ダイワリールの特徴であるATD(オートマチックドラグシステム)が影響しているものと思われます。

 ただ、メーカーのHPによれば、ATDはレガリスにも搭載されているはずなので、このAIのような意志を持ったドラグの動きは、ダイワの中堅以上のリール特有のものかもしれません。

 使い慣れれば違和感なく、むしろリールの性能に助けてもらえる感がしますが、慣れるまでは自分がイメージして調整したドラグ力と差があるのに戸惑うかもしれません。

 

 ドラグ性能以外で、筆者が特に差があると感じるのは、ベールを開け閉めしたときのスムーズさです。

 レガリスは開け閉めの時に若干金属どうしの摩擦を感じるのに対して、カルディアSWはそのあたりの違和感を全く感じません。

 これは、ルアーフィッシングなどベールの開け閉めを繰り返す釣りにおいて、長期間使った場合の耐久性に影響しそうです。

 

廉価版のリールに戻れる?

 リールの価格に対する性能ですが、比例関係ではなく、千円台の価格差で急激に性能が上がり、1万円を超えるリールになると性能の上昇が緩やかになる傾向があります。

 このような価格と性能の関係は、リールだけでなく、一般的な精密機器全般に言えることです。

 ダイワの各種リールについて、筆者の感じている価格に対する性能をグラフに表すと下の図のような感じになります。

 

 

 この図から想像できる通り、クレスト・レブロス・レガリスを使った後で、初めから糸が巻いてある1000円前後のカゴ売りのリールを使うのは厳しいです。

 それに対して、カルディアSWからレガリスに戻るのは、筆者の感覚では全然ありです。

 これは、カルディアSWの性能が価格に見合っていない、ということではなく、クレスト・レブロス・レガリスなど廉価版リールのコストパフォーマンスが非常に高い、ということです。

 リールにこだわりがあって、少しでもいいものを使ってみたい、という読者の方はカルディアSWをお勧めします。

 しかし、道具にこだわりがないのであれば、廉価版リールでも十分ブリクラスの大物を釣り上げることは可能です。そういう方は、必ずしもカルディアSWのような中堅以上のリールは必要ないかもしれません。

 

 ちなみに、全然逆のことを言っているかもしれませんが、筆者が22カルディアをルアーフィッシングで使い始めたときは、

 

こんなものか・・・

 

と思ったのが正直な感想でした。

 しかし、カルディアに慣れて3か月目くらいに久しぶりに、クレストをエギング、レブロスを飲ませ釣りで使ったら、

 

あれ???なんか巻きにくい・・・、ベールもギシギシ言ってる・・・

 

と感じてしまいました。

 不思議なもので、良い商品に変えただけだとその良さがいまいちわかりませんが、安い商品に戻してみたときに、初めてその良さがわかるものかもしれません。

 

 筆者が聞いた話では、10年前に数万円したリールは、同じ性能のものを今買った場合1万円以下になっているくらい進化が早いようです。

 今回、最新リールであるカルディアSWを買って、その性能は十分に堪能できましたが、今後クレスト・レブロス・レガリスなど廉価版リールがリニューアルされれば、そちらも引き続き検討するつもりです。