くまの100均フィッシング

くまの100均フィッシング

100均を使ってお金を掛けずに大きな釣果

【9月の釣り】太刀魚がアホみたいに釣れる|台風前の明石海峡で爆釣

初めに

 

 台風が接近しています。風がかなり強いようですが、まだ雨が降っていません。

 風が強いときは、筆者の経験上あまり釣れません。特にウキ釣りは当たりがわかりにくく、釣りが面白くないことが多いです。

 ただ、今月に入って好調が続いている太刀魚のテンヤ釣法は、多少の風でもあまり影響がない気がします。台風到来直前で、太刀魚の数釣り自己新記録を達成しましたので紹介します。

 

釣りの準備

天気と潮

  • 日付・・・2022年9月中旬(深夜)
  • 場所・・・明石市沿岸
  • 天気・・・曇り(台風14号接近中)
  • 風・・・2~7m/s
  • 気温・・・最高:32℃、最低:26℃
  • 水温・・・26~27℃
  • 潮・・・小潮

 

タックルと仕掛け

  • 釣法・・・太刀魚テンヤ
  • 竿/ロッド・・・メジャークラフト SOLPARA SPX-96
  • リール・・・ダイワ 22カルディアSW5000D-CXH
  • 道糸/ライン・・・PE2号
  • リーダー・・・ダイヤフィッシング BOSMENT(フロロカーボン5号)

 

 

使用したエサまたはルアー

 テンヤに付ける餌は、前回、前々回の記事で紹介したキビナゴの同じ商品を準備しました。

 

 テンヤも前回と同じものを使用します。堤防で他にも太刀魚を狙っている人がいますが、明らかに私の釣果がずば抜けています。

 

 その理由の一つは、もしかするとこのテンヤの特徴が効いているかもしれません。写真上の赤矢印はテンヤに餌を装着する部分の長さですが、同じヘッドの重さの他のテンヤに比べて短いです。

 下の写真は、別のメーカー品と比較したものです。餌の取り付け部が短いことがわかると思います。

 

 筆者が釣具店でテンヤを探した時、ヘッドの重量が15g以上でできるだけ全長の短いものを選んだ結果、このPROGREというメーカーにたどり着きました。

 他のメーカーのテンヤは、なぜか全長が長いものが多く、装着するキビナゴの尻尾のアピールがしにくい気がします。

 

準備

 タックルの構成や使用するテンヤは先週末と完全に同じです。

 このテンヤ、気に入ったので、予備で20gの同じシリーズを追加しておきました。船用と書いてありますが、20gなので堤防からでも問題なく使えるでしょう。

 

 

実釣記録

釣り開始 ・・・19:00

 今回は土曜日の夜のため、釣り場が混んでいると予想して早めの18時頃に到着しましたが、めちゃくちゃ空いています。

 やはり、台風14号の影響で風が強いためか、ウキ釣り師が釣行をあきらめているようで電気ウキがいつもより少ないです。

 日の落ちた19時頃からスタートしましたが、その時点で5組くらい、さらに深夜になると一番少ないときで2組くらいしか釣りをしていませんでした。

 

こんなに釣れるのに、みんな知らないみたい。

 

ファーストヒット ・・・21:30

 風が強くキャストしにくいですが、幸いフォローの風なので、風に乗せるようにキャストしたところ、15gのテンヤが100m近く飛びます。

 ただ、風が左後ろから吹いているのに対して、潮流は右向きなので、あっという間にテンヤが右に流れてしまいます。こういう時は、下の図のようにA方向に投げるかB方向に投げるか悩ましいところです。

 

 釣り場が混雑しているときはA一択ですが、今回のように人が全然いない場合はBの方がメリットが大きいです。遠投距離が出る上に、テンヤを潮流に逆らうように引くことができて、アクションをダイレクトに伝えることができます。

 

 そんなことを考えているうちに、指3.5本のファーストヒットが来ました。風が強いため、太刀魚の回遊に影響しているかと心配でしたが、杞憂でした。

 

太刀魚の釣り堀 ・・・22:00

 ここからはダイジェストでお伝えします。

 

  時刻 写真 サイズ
1 21:50

3
2 22:29

3
3 22:51

3
4 23:00

3
5 23:14

3
6 23:34

3
7 23:48

3
8 00:05

4(最大)
9 00:29

3
10 00:44

3
11 01:07

3
12 01:23

3
13 01:30

3
14 01:46

3
15 02:11

3.5

 

 ばらしたヒットもあるので、ほぼ毎投キャストしたら何らかの手ごたえがありました。ただ、深夜2時を回ると若干落ち着いてきて、自分の体力もだんだんなくなってきたので、これにて終了としました。

 

 先日購入した小型のクーラーボックスに渦上に収納していきます。こんな小さなクーラーボックスでも16匹入っています。

 

 

実釣の感想

 今回の太刀魚テンヤですが、太刀魚16匹でした。1匹目の太刀魚の前に、サバがすれ掛かりしたので、それも写真の上に写っています。

 

 頭と尻尾を落として、胴体を半分にしたものはご近所さんにおすそ分けします。

 

 唐揚げ用は、胴体を5㎝前後でぶつ切りにしておきます。


 3枚降ろしして中骨を外したものは、フライパンで焼いて塩やレモンを掛けて食べます。

 

 これからの時期、大量に太刀魚を持ち帰る可能性が高いので、新たな調理法にチャレンジします。

 3枚におろしたらウナギっぽいので、ウナギのかば焼きのたれを買ってきて試してみます。

 

 たれをかけてフライパンで焼きます。

 

おいしいけど・・・ほぼたれの味だ

 

 普通にフライパンで焼いて醤油で食べた方が素材の味が生きておいしい気がしました。ただ、飽きた時には、かば焼きもいいかもしれません。

 

錆びたテンヤの復元

 この爆釣劇で活躍したテンヤですが、下の写真の通り、フックの錆びが目立ってきました。

 

 そこで、以前の記事で紹介した錆びを取り除く方法を試してみます。

 

 

 錆びの除去には、クエン酸を使います。

 

 コップに錆びたルアーを入れて、クエン酸で浸しておきます。

 

 5時間ほど浸した後で水道水でクエン酸を洗い流し、水分を拭きとります。良く見ないと分かりにくいかもしれませんが、クエン酸に浸す前にあった赤錆がなくなっているのがわかると思います。

 

 左右で並べて比較してみました。左が処理前、右が処理後です。