くまの100均フィッシング

くまの100均フィッシング

100均を使ってお金を掛けずに大きな釣果

【12月の釣り】アナゴの年内記録サイズ|連続ヒットで数も確保

初めに

 

 12月下旬に入り、いよいよ関西の釣り人にとってオフシーズンと言わざるを得ない時期がやってきました。

 しかし、釣り人はオフシーズンだからと言って釣りがしたくないのではなく、釣れないから行かないだけです。

 釣り人は、極寒であろう雨が降ろうが、釣果情報さえ出れば、釣り場に繰り出す生き物だと思っています。

 こういう時期だからこそ、ブログを書いている筆者は燃えてきます。

 今回は、人の誰もいなくなった12月の夜の堤防で、アナゴを終夜狙ってきましたので紹介します。

 

 

釣りの準備

天気と潮

  • 日付・・・2022年12月下旬(深夜)
  • 場所・・・明石市沿岸
  • 天気・・・晴れ
  • 風・・・1~4m/s
  • 気温・・・最高:8℃、最低:1℃
  • 水温・・・15~16℃
  • 潮・・・中潮

 

タックルと仕掛け

  • 釣法・・・餌釣り(胴付き仕掛け)
  • 竿/ロッド・・・NISSIN PROSTAGE SPEED ISO α 遠投4号4.5m
  • リール・・・ダイワ 22カルディアSW5000D-CXH
  • 道糸/ライン・・・PE2号
  • ハリス・・・ダイソー リーダー用ナイロンライン5号
  • 針・・・がまかつ 伊勢尼10号(2本)

 

 

使用したエサまたはルアー

 アオイソメ(太)を大量に準備します。下の写真は、2か所の釣具店で買ったものです。

 

 最初に左のアオイソメ(太)を買ったのですが、ちょっと気になることがあって、右の商品を別の釣具店で買いなおしました。

 

【ワンポイント(店によって全然違う生き餌)】

 アオイソメは、胴付き仕掛けで使う餌の定番中の定番です。

 今回の釣行で、アオイソメ(太)でお願いして出してもらった左の商品ですが、筆者のイメージする太さの半分程度、アオイソメどうしがくっついていて明らかに活きが悪かったです。

 それに対して、右の商品は筆者のホームグラウンドの近くにある釣具店で購入したもので、十分な太さで、どの個体も頭を振って元気そうです。

 生き餌は、釣具店によって品質が全然違います。

 少なくとも、店の裏手に大きな水槽があるなど、活かすための設備が整っているところで生き餌を買うようにしましょう

 

小さな設備でも十分な生き餌管理ができている店もあるとは思うが、基本的には大規模な設備が揃っているところで買うのがお勧めだ!また、力を入れている餌と、そうでもない餌があるので、評判を事前に確かめることも重要だぞ。

 

 

準備

 今回は、筆者の青物狙いで主にルアーフィッシング用に使っているリール「22カルディアSW」を使っていきます。

 12月下旬に入り、これから少なくとも3か月はルアーフィッシングをすることはなさそうなので、しばらくはこのリールを餌釣りに使います。

 

 まずは、道糸のPEラインにハリスをつなげます。FGノット直結でもいいのですが、胴付き仕掛けでアナゴ狙いをする場合、

  • ヒット時ローリングでハリスが破壊されやすい
  • 少しでもハリスのねじれを回避したい

などの理由から、間にサルカンを入れておきます。


 筆者は、PEラインに金属をつなげるのはあまり好きではないのですが、ダブルクリンチノットでしっかりつなげておきました。

 

 釣具店に行くと、アナゴ狙い用のセット仕掛けも売っていますが、ローリングとアナゴの粘液で、ヒット時には高確率で仕掛けを破壊されます。

 そのため、アナゴ狙いをする時は、胴付き仕掛けを自作する知識を持っておくのをお勧めします。

 

 

 ハリスの素材として、ダイソーのリーダー5号を使って、枝針を1本だけ付けておきます。

 前回の釣行では、比較的小さい針を使いましたが、アナゴは噛みついてくる捕食なので、あまりサイズを小さくするメリットはなさそうです。

 そこで、今回は大きめの伊勢尼10号を使います。針掛かりとアピール力アップのため、孫針も付けておきます。

 

 

 

 ちなみに、ダイソーリーダー5,7号を使い始めてから5回程度釣行に行きましたが、何の問題もなく使えます。

 特に、胴付き仕掛けのような、ハリスを頻繁に交換する釣りでは、高級ハリスを使うと財布に痛いため、効果絶大です。

 

 

 

実釣記録

釣り開始 ・・・21:00

 日本海側に寒波が来ているようです。その影響で、筆者のホームグラウンドである明石海峡のこの時間の気温は、氷点下寸前となっています。

 11月まで、この時間でも賑わっていた釣り場はこんな感じ。

 

 これだけ少ないと、釣り座がとれてうれしいという気持ちは全くなく、むしろ誰でもいいから横に来て、と思ってしまいます。

 

怒涛の連続ヒット ・・・23:00

 本日出す竿は1本としました。

 この時期アオイソメを餌にすると、5分もしたらすぐに餌取りなどに取られてしまいます。

 そのため、前回2本竿を出したのですが、餌の交換が忙しかったので、今日はのんびりと1本の竿先を眺めていることとしました。

 仕掛けを作って、夕飯を食べて、1時間ほどしたらさっそくヒットありました。

 

【23:11】一匹目

 

 ヒットしたアナゴは地面に置かない方がいいようです。地面に置くと、ローリングで仕掛けがとんでもないことになります。

 写真のようにぶら下げた状態で針を外すようにしましょう。

 

 アナゴは集団で固まっていることが多いようで、一匹目がヒットした場所にもう一度投げたら、すぐに来ました。

 

【23:37】二匹目

 

 サイズは若干アップしたようです。

 再度同じ場所を狙います。

 

【00:17】三匹目

 

 最後に、今年の記録サイズがヒットしました。

 

【00:43】四匹目

 

 直系、3㎝はありそうです。

 これら4匹ですが、小・小・中・大、というサイズで、もしかすると同じ場所にいた4匹家族を全部釣り上げてしまったのかもしれません。

 

 

実釣の感想

 2022年最後の夜釣りは、アナゴ4匹、という結果でした。

 

 今回の夜釣りでわかる通り、これだけ気温と水温が低いときでも、アナゴは期待に応えてくれます。

 冬は一般的に釣りが難しいと思われていますが、水温が10度以上であれば、低水温に強い魚を狙うことができます。

  • 餌取りが少ない
  • 釣り座争いをしなくてよい
  • ヒットした魚はたいてい美味

 このような点も、冬の釣りのメリットです。

 

 

 

 ちなみに、本日の本命は、早朝からのカレイだったのですが、残念ながら結果を出すことができませんでした。正月前後で、もう一度挑戦してみようと思います。